このページでは、神奈川区のシロアリ駆除について、駆除歴20年の168イロハサービス代表辻井がシロアリ被害やシロアリ駆除の方法について詳しく解説しています。

神奈川区のシロアリ駆除は、横浜地元密着・駆除歴20年・5年保証の168イロハサービスにご相談ください。

神奈川区のシロアリ駆除の専門家

168イロハサービス
会社:横浜市西区北幸1丁目1−8 エキニア横浜ビル5階
代表:辻井まさゆき

神奈川区のシロアリ駆除は築15年を経過した一戸建てで多く発生

神奈川区では築年数が経過した一戸建てでシロアリ被害が多く発生しており、築15年以上で定期的なシロアリ予防を行っていない場合に、深刻な被害が出てきています。

シロアリ対策は、5年に一度のペースで薬剤を散布することが基本です。

新築から5年を経過するごとに、専門家にシロアリ調査・予防施工を行うことが大切です。

シロアリ被害が発生するお家は、定期的なシロアリ予防施工を行っていないケースがほとんどです。

神奈川区は特に住宅が密集している地域のため、繁殖したシロアリが別のお家に移動して被害が広がっている印象です。

神奈川区のシロアリ駆除作業事例

神奈川区で当社が行ったシロアリ被害の事例をご紹介いたします。

築22年の一戸建てのお宅です。

4月の終わり頃に、床下から羽の生えたアリがたくさん出てきてビックリされたそうです。

シロアリは繁殖し数が増えると、集団の半分が別の場所に引っ越しをします。
その際に、羽アリが巣から一斉に飛び出していきます。

羽アリがたくさん出ている場合は、相当な被害が発生していると思って間違いありません。

シロアリ駆除

床を剥がすと、シロアリに食害された部分がボロボロになっているのが分かります。

シロアリは暗くジメジメした箇所を好むため、ほとんど人目につくことはありません。

シロアリ被害

長年にわたり床下などで木材を食べ続けており、気づいた時には床が抜け落ちるほどの被害が発生します。

シロアリ被害

床下に入りさらに詳しく確認すると、床下土台の木材の中にシロアリが入り込んで、スカスカの状態になってしまっていました。

こうなりますと、シロアリの薬剤を散布するだけでは駆除できず、木材に穴を開けて薬剤を注入する「穿孔処理」が必要になってきます。

また、土台が崩壊しかけているような場合は、大工さんを呼んでいただいて、家の耐久に問題がないか、修繕の必要があるのか、診ていただく必要も出てきます。

シロアリは自然にいなくなることはありません。

木材がなくなるまで食べ尽くしますので、定期的なシロアリ調査・予防施工は本当に大切です。

神奈川区のシロアリ駆除は168イロハサービスへ

駆除歴20年・5年間の再発保証付き
安心の調査・お見積もり無料でお伺いいたします。