保土ヶ谷区のネズミ駆除のご相談は、横浜市でも非常に多い地域です。
特に築年数の経過したお家でネズミ侵入被害が多く、築15年以上の一戸建てがほとんどです。

保土ヶ谷区のネズミ駆除事例1

保土ヶ谷区のネズミ駆除のご相談内容です。

家のいたる所からネズミが出てきます。クマネズミのようです。夜になると一度に2匹とか出てくることもあります。あちこちの壁からネズミの音も聞こえてきます。屋根裏でも走り回っているようです。一番よく出てくる部屋に、粘着シートを20枚仕掛けましたがかかりません。侵入経路も分からず、どうしたら良いか分からず困っています。

一度、現地調査.見積りをお願いしたいと思っております。

家の中にネズミが出ている状態となると、かなり被害が進んだ重症です。

警戒心が強く、人目につかないように行動するネズミは、時間が経って慣れてくると室内にも堂々と現れるようになります。

あちこちにフンをし始め、食材をかじられ、ウイルスや細菌をばら撒いていきます。

早急な対処が必要な状況です。

外壁配管の隙間はネズミ侵入口

基礎の配管ネズミ対策

まずはネズミの原因となる侵入口を突き止め封鎖していくことです。

家の外周には、このように配管などが通る穴に隙間がある場合がほとんです。

ネズミの大半はこうした床下のあらゆる隙間から建物内に侵入し、壁の中を通って天井裏に住み着きます。

外壁配管ネズミ対策

こうした隙間を丁寧に封鎖工事していくことがネズミ駆除の基本です。

ネズミ駆除というと、粘着シートや殺鼠剤を使って捕まえたり追い出したりするイメージですが、それは1つの作業に過ぎません。

最も重要なことは、ネズミが侵入していくる隙間や穴を見つけ、全て塞ぐことです。

保土ヶ谷区のネズミ駆除3年間の再発保証付き

配管隙間ネズミ駆除

こちらのお宅では他にも複数の配管ホースの隙間がありました。
また、床下換気口や壁の隙間も見つかり、計8箇所の隙間を封鎖いたしました。

その後はピタリとネズミの気配がなくなったようで一安心です。

しかし、これだけ多くのネズミが建物内に入っていたわけですので、また再発する可能性が十分あります。

ネズミは侵入口を閉じても、劣化した箇所などをかじって穴を開けて入り込んでくることがあります。

再発率が高いため、当社では3年間の保証をお付けしています。

保土ヶ谷区のネズミ駆除事例2

保土ヶ谷区のネズミ駆除2例目です。

こちらは15年のまだ比較的新しいお家でのネズミ被害事例です。

この一ヶ月くらい、床下や天井裏からネズミがかじる音や、ドタバタと走っていく音が聞こえてくる時があります。買ってきた毒えさを置いて見ましたが治りません。むしろ日に日に音が出る箇所が広がっているようにも思えます。
築15年程の一軒家です。
根絶させて、今後ネズミが入ってこれないように対策お願いしたいと思っております。まずは見積もりお願いできますでしょうか?

1例目のお客様同様、ご自身で粘着シートや殺鼠剤を置いてみる方も多いです。しかし、被害が止まらずにご相談されるケースがほとんどです。

粘着シート・殺鼠剤は根本解決にならず

床下のネズミ駆除

賢いネズミはそう簡単には粘着シートに捕まりませんし、殺鼠剤を食べても平気なネズミもいます。実は外で死んでしまうネズミもいるのですが、結局侵入口があるかぎり別のネズミが入ってきていて被害が止まらないという状況が続いてしまいます。

床下のネズミ被害

殺鼠剤を食べ切って空になっているものもありました。

殺鼠剤を食べたネズミがどうなったか分からないのが実状です。

穴を通って外に出て行ったのであればいいのですが、効果がなくピンピンとしてまだ建物内にいるかもしれません。

厄介なことは、壁の中で死んでしまうネズミがいると悲惨です。
死骸による腐敗臭がして、部屋中に匂いがしてしまいます。

この写真では基礎の束石部分に穴が開いているのが分かります。ネズミが掘って開けた穴のようです。

床下に配管が通っており、基礎部分の穴に隙間が開いていました。
ネズミの侵入口となっていました。

ネズミのフンは感染症などの危険も

天井裏のネズミ被害

天井裏はさらに被害がひどく、ネズミのフンが散乱しており、断熱材は食いちぎられてボロボロになっています。

ネズミは断熱材の中に巣を作ったり出産して子どもを育てたりもします。

放っておくとネズミがどんどん増えてしまいますので早めの対処が必要です。

せっかくのまだ新しいお家です。
ネズミ被害により資産価値も下がってしまいます。

天井裏のネズミ駆除

黒く細長いのがネズミのフンです。

フンには感染症を引き起こす細菌やウイルスが付着していますので素人の方の清掃はやめておくのが無難です。

当社では、ネズミ駆除・侵入対策施工の後、フンの清掃・消毒・殺菌作業まで行います。

ネズミ駆除はご自身での根本的解決はかなり難しいと思います。

早めにご相談いただくことで、駆除の時間も費用も少なく済みます。
お気軽にご相談ください。

保土ヶ谷区のネズミ駆除は168イロハサービスへ

駆除歴20年・3年間の再発保証付き
安心の調査・お見積もり無料でお伺いいたします。

保土ヶ谷区でネズミ駆除を行った当社の作業事例をご紹介しています。

保土ヶ谷区のネズミ駆除のご相談は、横浜市でも非常に多い地域です。
特に築年数の経過したお家でネズミ侵入被害が多く、築15年以上の一戸建てがほとんどです。

保土ヶ谷区のネズミ駆除事例1

保土ヶ谷区のネズミ駆除のご相談内容です。

家のいたる所からネズミが出てきます。クマネズミのようです。夜になると一度に2匹とか出てくることもあります。あちこちの壁からネズミの音も聞こえてきます。屋根裏でも走り回っているようです。一番よく出てくる部屋に、粘着シートを20枚仕掛けましたがかかりません。侵入経路も分からず、どうしたら良いか分からず困っています。

一度、現地調査.見積りをお願いしたいと思っております。

家の中にネズミが出ている状態となると、かなり被害が進んだ重症です。

警戒心が強く、人目につかないように行動するネズミは、時間が経って慣れてくると室内にも堂々と現れるようになります。

あちこちにフンをし始め、食材をかじられ、ウイルスや細菌をばら撒いていきます。

早急な対処が必要な状況です。

外壁配管の隙間はネズミ侵入口

基礎の配管ネズミ対策

まずはネズミの原因となる侵入口を突き止め封鎖していくことです。

家の外周には、このように配管などが通る穴に隙間がある場合がほとんです。

ネズミの大半はこうした床下のあらゆる隙間から建物内に侵入し、壁の中を通って天井裏に住み着きます。

外壁配管ネズミ対策

こうした隙間を丁寧に封鎖工事していくことがネズミ駆除の基本です。

ネズミ駆除というと、粘着シートや殺鼠剤を使って捕まえたり追い出したりするイメージですが、それは1つの作業に過ぎません。

最も重要なことは、ネズミが侵入していくる隙間や穴を見つけ、全て塞ぐことです。

保土ヶ谷区のネズミ駆除3年間の再発保証付き

配管隙間ネズミ駆除

こちらのお宅では他にも複数の配管ホースの隙間がありました。
また、床下換気口や壁の隙間も見つかり、計8箇所の隙間を封鎖いたしました。

その後はピタリとネズミの気配がなくなったようで一安心です。

しかし、これだけ多くのネズミが建物内に入っていたわけですので、また再発する可能性が十分あります。

ネズミは侵入口を閉じても、劣化した箇所などをかじって穴を開けて入り込んでくることがあります。

再発率が高いため、当社では3年間の保証をお付けしています。

保土ヶ谷区のネズミ駆除事例2

保土ヶ谷区のネズミ駆除2例目です。

こちらは15年のまだ比較的新しいお家でのネズミ被害事例です。

この一ヶ月くらい、床下や天井裏からネズミがかじる音や、ドタバタと走っていく音が聞こえてくる時があります。買ってきた毒えさを置いて見ましたが治りません。むしろ日に日に音が出る箇所が広がっているようにも思えます。
築15年程の一軒家です。
根絶させて、今後ネズミが入ってこれないように対策お願いしたいと思っております。まずは見積もりお願いできますでしょうか?

1例目のお客様同様、ご自身で粘着シートや殺鼠剤を置いてみる方も多いです。しかし、被害が止まらずにご相談されるケースがほとんどです。

粘着シート・殺鼠剤は根本解決にならず

床下のネズミ駆除

賢いネズミはそう簡単には粘着シートに捕まりませんし、殺鼠剤を食べても平気なネズミもいます。実は外で死んでしまうネズミもいるのですが、結局侵入口があるかぎり別のネズミが入ってきていて被害が止まらないという状況が続いてしまいます。

床下のネズミ被害

殺鼠剤を食べ切って空になっているものもありました。

殺鼠剤を食べたネズミがどうなったか分からないのが実状です。

穴を通って外に出て行ったのであればいいのですが、効果がなくピンピンとしてまだ建物内にいるかもしれません。

厄介なことは、壁の中で死んでしまうネズミがいると悲惨です。
死骸による腐敗臭がして、部屋中に匂いがしてしまいます。

この写真では基礎の束石部分に穴が開いているのが分かります。ネズミが掘って開けた穴のようです。

床下に配管が通っており、基礎部分の穴に隙間が開いていました。
ネズミの侵入口となっていました。

ネズミのフンは感染症などの危険も

天井裏のネズミ被害

天井裏はさらに被害がひどく、ネズミのフンが散乱しており、断熱材は食いちぎられてボロボロになっています。

ネズミは断熱材の中に巣を作ったり出産して子どもを育てたりもします。

放っておくとネズミがどんどん増えてしまいますので早めの対処が必要です。

せっかくのまだ新しいお家です。
ネズミ被害により資産価値も下がってしまいます。

天井裏のネズミ駆除

黒く細長いのがネズミのフンです。

フンには感染症を引き起こす細菌やウイルスが付着していますので素人の方の清掃はやめておくのが無難です。

当社では、ネズミ駆除・侵入対策施工の後、フンの清掃・消毒・殺菌作業まで行います。

ネズミ駆除はご自身での根本的解決はかなり難しいと思います。

早めにご相談いただくことで、駆除の時間も費用も少なく済みます。
お気軽にご相談ください。

保土ヶ谷区のネズミ駆除は168イロハサービスへ

駆除歴20年・3年間の再発保証付き
安心の調査・お見積もり無料でお伺いいたします。