横浜の鳩駆除は駆除歴20年・最長5年保証付きの当社にお任せください

鳩駆除歴20年の実績

狩猟(わな)免許を取得しています

安心の業界最長5年の保証付き

当社『168イロハサービス』は鳩の駆除歴20年・業界最長の5年保証をお付けしています。

ハトは帰巣本能が高いため、わずかな施工の隙間があるとハトが戻ってきて被害が再発してしまいます。
再発のたびに、費用がかかるようではお客様も安心できないと考えています。

当社は横浜を拠点とし、ハト駆除・対策歴20年の経験とハト対策に自信があります。
そのため、施工させていただいたお客様が再発や追加費用などの不安がないように、対策施工後5年という長期保証をお付けすることにいたしました。

また、ハトは追い出せば終わりというものではなく、2度と入ってこないように施工するのと同時に、フンや匂いなどの衛生面の対応も大切だと考えています。

フンを放っておけば、ゴキブリやダニの温床になります。
ハト対策完了後は、フンの清掃や消毒作業をしっかりと行います。

ハト被害は再発する可能性が高いですので少なくとも2年以上の保証をしてくれる業者を選んでください。当社は5年間の保証をいたします。

保証期間中にハト被害が再発した場合は無償で対応いたします。

ハト・カラス・ムクドリなど鳥被害全般ご対応しています。
お見積もり、現地調査は無料でお伺いします。

お気軽にご相談ください。

横浜の鳩駆除ご対応エリア

鳩駆除 横浜市対応エリア

当社は下記拠点より横浜市内と隣接地域のハト駆除をご対応

横浜市ご対応の鳩駆除の専門家

168イロハサービス
代表:辻井まさゆき
住所:横浜市西区北幸1丁目1−8 エキニア横浜5階

〒220-0004
横浜市西区北幸1丁目1-8 エキニア横浜5階

横浜の地域密着にて迅速なハト駆除をご対応しています。

横浜市でのハト被害

横浜でもハトの被害が年々増えており、マンションなどお家のベランダやビルの屋上、屋根やひさしなどに止まりフンをしていきます。

ハトのフンには、様々なウイルスや細菌が付着しており、感染症や食中毒の原因にもなりかねません。また放っておくとフンが5cm以上溜まる事もあり、ゴキブリなど害虫の発生原因となります。

また、ハトは人の出入りの少ないベランダや暖かい室外機の下などに巣をつくります。

ベランダに巣を作って卵を産み落とすこともありますので、たかが鳩と考えずに早めに対処が必要です。

ハト被害の対策方法

ハトは居場所を追い出されても、また元の場所に戻ってくる可能性があります。

もうハトが侵入できないよう、防鳥ネットで塞いだり、鳩よけ対策を行う事が有効となります。

マンションのベランダや屋根などの高所作業となりますので、無理せず業者に依頼してください。

窓枠の上に鳩が止まるケースでは、鳩よけ対策を行うことで解決いたします。

窓のサッシや室外機の上なども対策が可能です。

防鳥ネットによる鳩対策

そもそもベランダ内に鳩が侵入しないようにすることも可能です。

防鳥ネットをベランダに設置することで、鳩が手すり止まったり、ベランダ内に入れないようにネットで防護いたします。

駆除のお問い合わせはこちら

鳩対策後の清掃・消毒作業

鳩の駆除・対策で終わらず、フンで汚れてしまった箇所をキレイに清掃して、状況に応じて消毒作業も行なっていきます。

鳩のフンは感染症を引き起こしたり、食中毒の原因にもなります。
乾いたフンが空気中を舞ってしまいます。
ホコリを立てずに丁寧に掃除・片付けをすることが重要です。

徹底した消毒作業も行いますのでご安心ください。

駆除のお問い合わせはこちら

横浜のハト駆除は現地調査無料でお伺いいたします

鳩の被害でお困りの方、鳩が苦手な方は一度ご相談ください。
現地調査無料でお伺いし、鳩対策の内容と対策費用のお見積りをお出しいたします。

調査費用はもちろん、お伺いする際の交通費もいただきません。
お気軽にご相談ください。

ハト駆除対策後に最長5年の保証付き

ハトは帰巣本能がとても強く、一度気に入った場所を見つけると追い出しても何度でも戻ってきてしまいます。

放っておくとフンだらけとなり、そのうち小枝や藁を集めて巣を作り卵を産んでしまうこともあります。

しっかり対策を行っても、再発してしまうこともまれにあるため、保証は必須です。
当社では鳩対策後に業界でも長い最長5年の保証をお付けしています。

ハト駆除には大変自信があります。

一時凌ぎの駆除・対策ではなく、長期的にハト被害が再発しないような対策と保証をいたします。

駆除のお問い合わせはこちら

鳩駆除の保証内容について

「ハトが来ないように施工したトラップが外れた」「網が破れた」などの施工箇所の保証から、「施工した箇所の近くにハトが留まり続けていて糞などの被害が発生した」場合も保証しております。

当社「168イロハサービス」では、ハト駆除完了後に施工した箇所以外でハト被害が再発した場合にも、保証範囲内として無償対応いたします。

業者によってはホームページなどで「駆除後の保証」と表記していても、施工した箇所のみの限定保証というところも多いです。

保証の範囲についても見積もり時にしっかりと確認していただくことが重要です。

敷地が広い場合やご予算の関係で施工箇所を限定した場合には、事前に保証の範囲もお伝えしますのでご安心ください。

保証の必要性

ハト駆除後の保証については業者によってマチマチです。

保証をしない代わりに、費用を安く行なっているところもあります。

当社にハト対策のご相談をされる4件に1件は、他の業者で依頼したがハト被害が止まらなかった。という方々です。

実際に施工箇所をみてみると、網で塞いでいても若干のスペースが空いていたり、止めが甘く外れてしまったりと、正直なところ手抜き工事と思われるようなところがほとんどでした。

2社目、3社目にご依頼となると結果的に費用がかなりかさみます。

雨風にあたりますので、施工部材が外れる場合も考えますと、少なくとも2年以上の保証をつけている業者にご依頼することをお勧めしております。

駆除のお問い合わせはこちら

横浜市ではマンションや一戸建てのベランダでハト被害が多く発生

横浜市では鳩駆除のご相談が大変増えており、マンションの方からが4割ほどで、次に一戸建ての方が3割、もう3割は事務所や倉庫などの事業所からとなっています。

一般住宅のほとんどがベランダに鳩が毎日やってきて、フンをしてしまうケースです。

鳩のフン被害は見た目や臭いだけでなく、様々なウイルスや細菌が付着しており危険でう。

また、片付けないとハエやダニが発生したり、ゴキブリを呼び込んでしまったりと2時被害にもつながります。

巣を作って卵を産んで、数匹の鳩の赤ちゃんが生まれてしまったケースもあります。

横浜の鳩駆除は168イロハサービスにお任せください

横浜市の鳩駆除は168イロハサービスにお任せください。

鳩駆除歴20年の実績
現地調査無料でお伺い
鳩対策1日で完了
横浜地域密着で費用もお安く迅速対応
最長5年保証付き

鳩が住み着いてしまう前に早めの対処が肝心です。
被害が少ないほど時間も費用もかからず済みます。

まずはお気軽にご相談ください。

駆除のお問い合わせはこちら

横浜市の鳩駆除業者の選び方

ハト駆除・対策業者の選び方を、駆除歴20年の当社なりの考えをご紹介させていただきます。あくまで当社の考え方ですので、ご参考までにしていただければと思います。

害獣駆除業者の選び方を3つの基準で考えます。

  •  狩猟免許を取得している業者
  • ハト施工と同時に「消毒・清掃」する業者
  • ハト対策完了後に「2年以上の保証」をする業者

「狩猟免許」を取得している業者

ハトは「鳥獣保護法」により、免許を取得していない者が捕獲すると法律違反となります。

実際に作業をする上でハトを捕獲することはほとんどありませんが、対策施工を行った際に、万が一ですが行政や近隣住民の方と何かしらのトラブルが発生した場合は狩猟免許を取得していない業者は責任を負えません。取得していた方がことの対処もスムーズです。ハトを追い出すなどして、捕獲しない限りは狩猟免許は必ずしも必要はありませんが、なにかのトラブルが起きた場合は責任問題にもなりかねませんので、業者選びに迷ったら、1つの候補として考えるべきでしょう。

ハト施工と同時に「消毒・清掃」する業者

ハトを駆除する上で、一番心配な点はハトの糞による「糞害」「悪臭」「雑菌」です。

ハトがいなくなったのはいいが、糞で汚れたまま、臭いが残り夏には隣人にも迷惑になる程に悪臭を放つ、雑菌や害虫の発生で人体や建物への損傷などの影響などがあってはいけません。

ハト駆除後の清掃はもちろんのこと、適切な消毒作業を行いハエやダニ、ゴキブリなどの2次被害を発生させない対策が重要です。

見積もりの段階で、「消毒・清掃」が作業内容として入っているかどうか、きちんと確認をしないとあとあとトラブルになる可能性がありますのでご注意ください。

駆除のお問い合わせはこちら

ハト対策完了後に「保証」をする業者

ハトが建物や敷地内に入らないように網やトラップなどを仕掛けますが、雨や風にさらされるものですので、施工が甘いと時間が経つことで外れてしまったりしてしまいます。

外れていても、たまたまハトが来ないために気づかないこともあります。

1年の保証ですと、施工当初の年はたまたま台風が来なかったなど、気象条件によって問題がないこともありますので、少なくとも2年以上の保証をつけている業者を選んでおく方が得策です。